私たちは良質な医療・介護を通じて、地域社会の繁栄に貢献します。

TEL:011-299-1731アクセス

タクティールケアⅠコース

 

「タクティールケアの理論と実践」

タクティールとはラテン語で「触れる=タッチ」という意味ですが、手足あるいは全身に対し痛点を刺激することなく手で触れ、興奮状態や不安感、痛みなどを緩和する画期的な方法です。

この技法はスウェーデンにおいて実践、理論付けられており、ケアを行う側と受ける側とのコミュニケーションや身体を通しての認知力も促します。

そのためスウェーデンでは緩和ケアの補完的な手法の一つとして広く使われているほか、重度の障害者に対しても用いられます。

JSCIボタン

タクティールケアⅠコース

第1日目カリキュラム 「タクティールケアの理論と実践」
【午 前】 「タクティールケア理論」
【午 後】 「背中のタクティールケア」「手のタクティールケア」
第2日目カリキュラム 第2日目「タクティールケアの実践」
【午 前】 「足のタクティールケア」
【午 後】 「三種のタクティールケア復習」「質疑応答・ディスカッション」
授業料 64,800円(税込み・2日・昼食付き) 時間 9:30~16:30
定員 20名(最小催行人数: 3名) 日程 日程とお申し込みはこちら

過去の講座の様子

お問い合わせ

JSCIスウェーデン福祉研究所札幌事務局
社会医療法人禎心会介護老人保健施設「ら・ぱーす」内(担当 笹田)
〒002-8052札幌市北区篠路町上篠路6-286
TEL:011-774-1131 FAX:011-774-1818

ケアスタッフのための初級コース
「認知症ケアと緩和ケア理念」
認知症症候群の一般的な原因、さまざまな症状を取り上げ、認知症患者のケアに従事しているスタッフとしてどのように対処できるか、対応の仕方やコミュニケーションなどについて解説します。

初級コースについて

タクティールケアⅠコース
「タクティールケアの理論と実践」
手足あるいは全身に対し痛点を刺激することなく手で触れ、興奮状態や不安感、痛みなどを緩和する画期的な方法です。

Ⅰコースについて

タクティールケアⅡコース
「タクティールケアの応用」
「タクティールケアⅡコース」では、「タクティールケアⅠコース」で学んだ理論と手技を基に、腹部・頭・顔へのタクティールケア施術法を学びます。

Ⅱコースについて

ご家族向けタクティールケア講座
「ファミリーハンドコース」
「ご家族向けタクティールケア講座 ファミリーハンドコース」は、ご家族の介護に携わっておられる方々に、日々の介護でご活用いただけるよう手のタクティールケアの手技を学んでいただくことを目的として設置された特別講座です。

ファミリーハンドコースについて

トピックス

Copyright (c) 2007-2015 TEISHINKAI.All Righits Reserved.