文字サイズ:

TEL:0162-29-4332アクセス

MENU

稚内市南地区在宅介護支援センターぬくもり

稚内市南地区在宅介護支援センターぬくもりのご案内

稚内市南地区在宅介護支援センターぬくもりは、介護の悩みや福祉サービスの利用などについて、気軽に相談できる窓口です。また、高齢者福祉サービス手続きの代行も行なっております。
在宅での介護などで困ったことがありましたら、いつでもご相談ください。専門の担当者が対応いたします。

こんな時にご相談ください

  • 自宅での介護に困っている。
  • 最近、認知症がみられるがどうしたらよいのか。
  • 病院から退院する予定だが、自宅の受入れ体制に困っている。
  • 介護保険のサービスのことがよくわからない。
  • 施設入所を希望したいのだが、どうすればよいのか。
  • 体が弱く、1人暮らしや夫婦のみでの生活に不安がある。

実態把握事業について

ひとり暮らしの高齢者等のご自宅へ3ヵ月に1回生活状況の確認のため訪問させて頂きます。必要な方には月に1回訪問させて頂きます。

担当地区について

当センターの担当の南地区は次の通りです。いつでもお気軽にご相談ください。

  • 緑1~6丁目
  • こまどり1~5丁目
  • 栄1~5丁目
  • 富磯
  • 宗谷
  • 第一清浜
  • 第二清浜
  • 珊内
  • 宗谷岬
  • 豊岩
  • 東浦

高齢者福祉サービスについて

防火査察

毎年1回、春(市部)・秋(市部の一部と郡部)と65歳以上でおひとり暮らしの高齢者を対象に、市の老人福祉担当者、消防本部職員、在宅介護支援センター職員がチームとなりご自宅を訪問し、火の周りのチェックやひとり暮らしの不安などについて相談を受けます。

愛のふれあい訪問サービス

65歳以上で家に閉じこもりがちなひとり暮らしの高齢者のお宅に週2回乳酸飲料を宅配しながら声かけをし、安否の確認と不安の解消をはかります。

命のバトン事業

ひとり暮らしの高齢者等の不安の解消と病気や災害など緊急時に対応するために、救急時に必要な情報(かかりつけ医、服薬内容、緊急連絡先等)を、専用のボトルケースに入れ冷蔵庫に保管することで、救急隊やお医者さんが迅速に救急救命活動を行えるようにするものです。

配食サービス事業

障害等の理由により調理することが困難なひとり暮らしの高齢者等のご自宅へ昼食を宅配することで、栄養の確保をはかるとともに、声かけによる安否確認をすることを目的とするものです。

緊急通報装置給付事業

ひとり暮らし又は高齢者のみの世帯で障害等の理由で日常生活動作に支障がある方の、ご自宅の電話に緊急通報装置を設置します。緊急時は緊急ボタンを押すと24時間体制の受信センターが対応し、電話を通じて状況を確認、救急車や病院の手配をし、協力員への呼びかけをします。また、装置に付属されているペンダント型送信機を家の中で身につけることで、装置本体から多少離れた場所からの「緊急通報」が可能となります。
NTTのISDN及びひかり回線、KDDI回線は利用できません。
ペースメーカーを植込まれている方はペンダント型送信機を利用することができません。

あんしんコール設置事業

ひとり暮らしの高齢者等の不安の解消と病気や災害など緊急時に対応するために簡易型の緊急通報装置を設置します。緊急時は緊急ボタンを押すことで、あらかじめ登録されている協力員宅へ自動的に通報することで、協力員が対応します。また、装置に付属されているペンダント型送信機を家の中で身につけることで、装置本体から多少離れた場所からの「緊急通報」が可能となります。
NTTのISDN及びひかり回線、KDDI回線は利用できません。
ペースメーカーを植込まれている方はペンダント型送信機を利用することができません。

家族介護慰労金事業

在宅で生活しており介護保険要介護4~5の認定を受けている被介護者及びその世帯が市民税非課税の方で、過去1年間一切の介護保険サービス(1週間程度のショートスティを除く)を受けなかった方を介護している方に、年1回10万円の介護慰労金が支給されます。

重度要介護者居宅サービス事業

在宅で生活しており介護保険要介護4~5の認定を受けている被介護者及びその世帯が市民税非課税の方に対し、訪問系サービス(訪問介護・訪問看護)と通所系サービス(通所介護・通所リハビリ)がそれぞれ週1回無料で利用できるクーポン券が交付されます。

訪問歯科診査事業

在宅で寝たきり等のため歯科医院を受診し治療の相談をすることが困難な方に対し、歯科医師がご自宅を訪問し、治療の方針などを見極める診査を行ないます。

訪問理美容サービス事業

在宅で生活しており介護保険要介護3~5の認定を受けており、日常生活動作に支障があり理美容院に行くことが困難な方に対し、理容師又は美容師がご自宅を訪問しサービスを提供します。

家族介護用品支給事業(紙オムツ・尿とりパッドの購入助成)

在宅で生活しており介護保険要介護4~5の認定を受けている市民税非課税の方を同居し介護している方へ、紙オムツ・尿とりパッドを購入できる家族介護用品支給券(450円券が10枚綴になったもの)が毎月月末支給されます。
家族介護用品支給券を利用できる店舗は稚内市指定の店舗のみとなります。

外出支援事業

在宅で生活しており寝たきり又は常時車椅子を使用しているため、一般車両の利用が困難な方に、寝台又は車椅子ごと乗り降りできる特殊仕様の民間タクシーで通院等の外出を支援します。


サービスの詳しい内容についてお聞きになりたい場合は、当センターまで直接ご連絡をください。後日、担当者がご自宅を訪問し説明をさせて頂くこともできます。

介護予防事業(基本チェックリスト)について

65歳以上で要支援・要介護認定を受けていない方を対象に、基本チェックリスト(体力の衰えや生活の不活発さなどがないかどうか確認するチェックリスト)を実施し、必要な方へ介護予防事業への参加を勧めています。介護予防事業の参加により、要介護状態になることを予防し、長くお元気でいきいきと自分らしく生活できることを目指します。
基本チェックリストの結果、介護予防事業が必要と判断された方には、稚内市地域包括支援センターよりいきいき健康運動教室・栄養教室・健口教室・保健師の訪問などへの参加を勧めています。判定されなかった方には、稚内市役所より講演会や教室などの事業参加を勧めています。

施設概要

事業所名 稚内市南地区在宅介護支援センターぬくもり
住 所 〒097-0017 稚内市栄1丁目24−2 老人保健施設ら・ぷらーさ内
電話番号 0162-32-1165
FAX 0162-29-4355
事業所一覧

医療機関

  • 禎心会病院
  • 稚内禎心会病院
  • セントラルCIクリニック
  • 札幌駅北口クリニック
  • 禎心会東在宅クリニック

介護老人保養施設

  • ら・ぱーす
  • ら_ぷらーさ

サービス付高齢者住宅

  • ら・かるま

在宅事業

  • 禎心会東センター
  • 禎心会北センター
  • ら・ぱーすセンター
  • ら・かるまセンター

Copyright (c) 2007-2013 TEISHINKAI.All Righits Reserved.