文字サイズ:

TEL:011-712-1131アクセス

MENU

内視鏡センター

内視鏡検査・治療

内視鏡検査とは

内視鏡検査とは先端に小型カメラ(CCD)を内蔵した太さ1cm程の細長い管を口か肛門から挿入し、食道、胃、十二指腸や大腸の内部を観察する検査です。場合によっては、そのまま治療も可能です。医療機器や技術の発達によって応用範囲が広がり、診断から治療までスムーズに行えるようになってきました。観察する病変の場合、種類によって検査方法が異なりますので、検査を受けられる際は十分に説明を受けてください。


がんの早期発見のために

がんが早く見つかれば、大きな手術をせずに内視鏡で取り除ける可能性が高くなります。しかし、初期のがんは自覚症状がほとんどありません。早期発見のためには、自覚症状がない段階で定期的に健診を受けることが重要です。内視鏡検査は負担の少ない極細内視鏡や鮮明な高画質画像を得られるハイビジョン内視鏡が登場するなど着実に進化しています。

早期発見と早期治療

胃がんの場合、粘膜の表面から徐々に深く広がるにつれて、転移しやすくなります。がんの広がりが粘膜下層までにとどまっている時点を早期がん、筋層より深く広がると進行がんと呼んでいます。がんの進行度は「ステージ(病期)」として分類され、初期段階が「ステージⅠ」、最も進行したものが「ステージⅣ」です。ステージⅠのがんは内視鏡治療や手術で治る割合が極めて高くなります。早期発見と早期治療が大切であることを示しています。


注目集める新技術「NBI」

近年NBI(Narrow Band Imaging=狭帯域光観察=)という技術を用いた内視鏡検査が世界的に注目を集めています。当院は道内の医療機関に先がけ、NBIを活用した検査を行っています。
がん細胞は血管を使ってエネルギー補給し増殖します。NBIは特殊な光を病変に当てることにより、がん細胞に特徴的な粘膜表面の血管を浮かび上がらせることで、通常の観察では発見できない病変でも見つけることが可能です。

通常光とNBIの比較


上部消化管内視鏡検査(食道・胃・十二指腸内視鏡)

以前、「胃カメラ」と言われた検査は現在、「胃内視鏡検査」、正式には「上部消化管内視鏡検査」といいます。上部消化管は食道、胃、十二指腸の全体を指します。従って、胃内視鏡検査では胃だけでなく、食道、胃、十二指腸の病気の有無を調べます。最近は内視鏡が通過する咽頭、喉頭、声帯も観察することが常識となっています。
当院で使用している胃内視鏡は径10mm位(経口用スコープ)、径5mm位(経鼻用スコープ)です。


[検査の流れ]


大腸内視鏡検査

大腸は直腸と結腸(S状結腸、下行結腸、横行結腸、上行結腸、盲腸)の全体を指しますので、直腸がん、結腸がんは両方、大腸がんに入ります。大腸内視鏡検査は肛門から直腸、状結腸、下行結腸、横行結腸、上行結腸、盲腸、そして終末回腸という大腸につながっている小腸の一部を観察します。
当院で使用している大腸内視鏡は径10mm位です。


[検査の流れ]


苦痛の軽減

当院では検査中の苦痛を軽減するため、希望する方に軽い睡眠導入剤を注射し、鎮静した上で検査を受けることが、上部消化管内視鏡、大腸内視鏡ともに可能です。
一方、大腸内視鏡は検査中、大腸の中に空気が入ることでお腹が張り、苦しいことがあります。当院はこうした負担を軽減するため、空気の代わりに炭酸ガスを全例で使用しています。炭酸ガスは空気に比べて吸収が早いので、お腹の張りが非常に軽減します。


事業所一覧

医療機関

  • 稚内禎心会病院
  • セントラルCIクリニック
  • 札幌駅北口クリニック
  • 禎心会東在宅クリニック

介護老人保養施設

  • ら・ぱーす
  • ら_ぷらーさ

サービス付高齢者住宅

  • ら・かるま

在宅事業

  • 禎心会東センター
  • 禎心会北センター
  • ら・ぱーすセンター
  • ら・かるまセンター
  • ら・ぷらーさセンター

Copyright (c) 2007-2013 TEISHINKAI.All Righits Reserved.