文字サイズ:

TEL:011-712-1131アクセス

MENU

院長あいさつ

「禎心会病院」は、医療介護複合体である禎心会グループの基幹病院です。
1984年の創業以来、259,000人の札幌市東区において、脳卒中を中心とした専門的医療と地域密着型医療を提供してまいりました。

創業当時から脳卒中の診療において超早期からベッドサイドでのリハビリテーションを行う施設として運営してきておりましたが、2012年4月から新たに「脳卒中センター」を開設し、24時間365日の診療対応と優秀な手術指導医のもとに若手脳神経外科医の養成を行う取り組みも始めました。
2014年度は1800台余りの救急車を受け入れ、本州からも100名近い患者さんが難度の高い手術を受けに来られ、計703例の脳神経外科手術を実施致しました。

2015年11月1日からこれまでの脳卒中に「がん」「心臓病」も加え三大疾病に特化する医療提供を目指して、北33条東1丁目に新築移転し、名称も「札幌禎心会病院」と変更致しました。

血管病として共通した病変の多い脳卒中と循環器病を一緒に診療することは開設以来の念願であり、365日24時間対応の救命救急から一般診療まで脳神経外科医と循環器内科・外科医が連携して対応する市内初の施設として今後充実を図ってまいります。

がん治療では、手術・化学療法に加え、体にやさしくQOL(生活の質)を担保できる治療として高く評価されるようになった放射線治療にも重点を置いております。まだまだ欧米に比べて遅れている放射線治療を充実させるために、道内第1号機である最高機種(米国バリアン社製リニアック)を導入しています。話題の「陽子線治療機器」も道内2号機、民間初として設置し、2017年2月から稼動しています。

○三大疾病(がん・脳卒中・心臓病)を中心に、専門性の高い医療を提供する
 がんに関して、全ての治療法が可能な集学的治療を行う
 脳卒中、心臓病に関して、救急からリハビリテーションまで一貫した医療を行う
○患者さん及び家族の立場と権利を尊重する
○地域の医療・介護・福祉機関との連携をはかる

という方針のもとに、より一層安全で良質な医療提供を心がけてまいります。

これからも地域に貢献できる医療機関として努力を続ける所存です。
皆さまからのご助言ご支援を宜しくお願い申し上げます。

事業所一覧

医療機関

  • 稚内禎心会病院
  • セントラルCIクリニック
  • 札幌駅北口クリニック
  • 禎心会東在宅クリニック

介護老人保養施設

  • ら・ぱーす
  • ら_ぷらーさ

サービス付高齢者住宅

  • ら・かるま

在宅事業

  • 禎心会東センター
  • 禎心会北センター
  • ら・ぱーすセンター
  • ら・かるまセンター
  • ら・ぷらーさセンター

Copyright (c) 2007-2013 TEISHINKAI.All Righits Reserved.