文字サイズ:

TEL:011-712-1131アクセス

MENU

聴覚・めまい医療センターのご案内

聴覚・めまい医療センターは、「難聴」「めまい」「顔面神経麻痺」の患者さんの検査、診断および治療を一貫して行う施設です。当センターの特徴を紹介いたします。

めまい・難聴外来


聞こえが悪い(難聴)

先端的難聴治療を専門とするセンター長が中心となって「難聴」診療を行います。札幌医科大学先端聴覚医療センターの名誉センター長を兼任していますので、当センターでは名実ともに充実した難聴医療を提供できます。
中耳の病気(真珠腫性中耳炎、慢性中耳炎など)による難聴の手術治療の経験も豊富で、内耳の難聴(感音難聴)を含めた「耳の病気」による難聴全般の診療を行っています。もちろん、「補聴器」に関しても補聴器相談医の資格を生かした診療が提供できます。

難聴を起こす代表的な病気

神経性(感音)難聴:加齢性難聴(老人性難聴)、突発性難聴、メニエール病、聴神経腫瘍、騒音性、薬剤性、

先天性難聴など

伝音難聴:各種中耳炎(急性・慢性中耳炎,真珠腫性中耳炎など)、耳管機能異常、中耳奇形、耳硬化症など

あなたの聞こえは大丈夫?(聞こえのセルフチェック)

 ●両耳とも同じ程度に難聴を認める方は「 聞こえのチェックリスト1 」をご利用ください

 ●左右の聞こえに差があると感じる方は「 聞こえのチェックリスト2 」をご利用ください


ぐるぐる回る(めまい)、ふらふらする、歩くところびそう(平衡覚障害)

日本めまい平衡医学会の専門会員、めまい相談医の両方の資格を持つ数少ないめまい専門医であるセンター長が中心となって、めまい診療を積極的に行っています。当センターのように、めまいの専門家と脳の専門家が連携を取り合って、最先端の機器を駆使し、科学的根拠に基づいた診断や治療している施設は全国的にも希少です。また、重症のめまいに対する手術治療も行っています。

めまいを起こす代表的な病気

メニエール病、良性発作性頭位めまい症、前庭神経炎、めまいをともなう突発性難聴、聴神経腫瘍、脳卒中、椎骨脳底動脈循環障害

あなたのめまいは大丈夫?(めまいのセルフチェック)


めまいのセルフチェック



顔が曲がる(顔面神経麻痺)、顔がぴくぴくする(顔面けいれん)

顔面神経は脳の中、耳の中を通って顔の筋肉を動かしています。顔面神経麻痺の原因は耳の中の顔面神経が働かなくなること、顔面けいれんは脳の中の顔面神経が刺激されるため起こることが多いようです。当センターでは顔面神経のこのような症状を、脳神経外科の専門医と耳鼻咽喉科(神経耳科)の専門医が共同でチームを作りながら診療し、適切でより効果的な治療を提供できるように努めています。

事業所一覧

医療機関

  • 稚内禎心会病院
  • セントラルCIクリニック
  • 札幌駅北口クリニック
  • 禎心会東在宅クリニック

介護老人保養施設

  • ら・ぱーす
  • ら_ぷらーさ

サービス付高齢者住宅

  • ら・かるま

在宅事業

  • 禎心会東センター
  • 禎心会北センター
  • ら・ぱーすセンター
  • ら・かるまセンター
  • ら・ぷらーさセンター

Copyright (c) 2007-2013 TEISHINKAI.All Righits Reserved.