文字サイズ:

TEL:011-712-1131アクセス

MENU

看護部のご紹介

看護部

看護部理念

  • 看護部は良質で患者さん・家族と共に考えることを基本とした 思いやりのある看護を提供します。

看護行動方針

  • 安全、安楽を保証し、人格と権利を尊重した看護に努めます。
  • 患者さんを中心としたチーム医療の一員としての役割を果たします。
  • 地域と連携した継続看護の展開に努めます。
  • 人間性豊かな専門職業人を目指して自己啓発に努めます。
  • 経済性を踏まえ効果的、効率的な看護に努めます。

看護の提供体制

  • 看護は、受け持ち制を取り入れたチームナーシング方式で一人ひとりの患者さんを入院から退院まで一人の看護師が担当させていただいています。
  • 受け持ち看護師は、健康回復に向けての計画を立案し、回復に向けてサポートいたします。(2001年より患者家族との看護計画共有を実施しています。)

各セクションのご紹介

  • チーム医療紹介

    チーム医療

    医師、薬剤師、臨床工学技士、事務職等との業務の分業化が進んでいます。

    部門 業務
    薬剤科 病棟薬剤師
    (各病棟1名)
    注射薬全面管理、注射・点滴の準備、与薬の準備、薬剤に関する研修、服薬指導、検薬(入院時、外来) 
    臨床工学科 臨床工学技士 医療機器の点検・調整、使用中の人工呼吸器を毎日チェック、高気圧酸素適応患者のチェック表の確認、医療機器に関する研修
    医局 医師 看護職員研修に講師として協力
    事務部 病棟クラーク 外来者との対応、入院患者との対応、事務的事項全般への対応
    放射線部 放射線技師 MRI検査を受ける際のチェック用紙の確認
    リハビリ部 PT、OT
    ST
    在宅する患者の家屋チェック、在宅復帰に向けての車両運転チェック、車椅子のメンテナンス
    栄養科 管理栄養士 季節の行事食、クリスマスケーキ、患者の希望を取り入れた食事(キザミ食、個人の嗜好)、セレクトメニュー、看護部と一緒に院外ボランティア活動に参加(栄養相談)
    MSW 患者の転帰に関して(在宅か長期施設)連携、装具などの必要書類の取り寄せ、介護保険の書類作成
    臨床検査科 臨床検査技師 各病棟、外来患者の採血
    その他 全職種 年3回看護部主催のイベントの役割協力
    委託業者 リネン交換、アメニティセットの洗濯
    清掃、施設管理
    材料・物品管理などの物流システム

    その他

    患者サービス

    看護の日、七夕、クリスマスには患者さんに喜んでいただけるようなイベントを企画、実施しております。


    看護教育

    看護部教育目的

    看護師一人ひとりが専門職業人としての自覚を持ち、理念に基づいた良質な看護を提供する為の確かな技術と知識、態度について主体的に学ぶ姿勢を身につける。

    教育目標
    1.専門職業人としての倫理的感受性、行動力の向上を図る。
    2.根拠に基づいた確かな技術と知識を習得し、個々にあわせた看護実践展開能力が習得できる。
    3.看護研究の意義を理解し、積極的に取り組む力をつける。
    4.教育的な視点を養い、学生、後輩の育成ができる。
    5.組織が必要とする管理実践能力を習得する。

    年間看護教育

    H29年度看護部年間教育計画(PDF)を表示

    新人看護職員 研修プログラム

    H29年度 新人看護職員 研修プログラム(PDF)を表示

    のついた研修は院外からの参加可能研修です。(新人看護師)

    の研修に関する申し込み、お問い合わせ先

     看護部 本間または矢野 TEL 011-712-1131

    既卒看護師支援体制

    H28年度 既卒看護師支援体制(PDF)を表示

    教育支援体制

    ベースはチーム支援型ですが、各セクションではエルダー制を導入し、新人支援を行っています。集合研修は専任の新人担当科長がおり、一年間継続して指導・相談に対応しています。

    ナーシングスキル

    当院では、ナーシングスキル日本版を導入しています。全看護師を登録し、病院内はもちろん、自宅でも最新の看護手順、エビデンスをいつでも確認、e-ラーニング機能で学習することができます。看護行為の一つ一つの手順や根拠を文書だけでなく、動画でただしく確認することができ、院内研修と併用して教育に活用しています。

    エルゼビアジャパン:ナーシングスキル https://nursingskills.jp/


    当院の「静脈注射ガイドライン」に沿って研修を行います

    与薬技術研修1

    • 実施時期 入職時
      講義内容 静脈注射と法律から捉える看護師による静脈注射薬剤の知識・取り扱い 静脈注射の合併症
      演  習 静脈注射・皮下注射・筋肉注射のデモンストレーション「血管くん・静脈注射用シミュレーター」を使用し、静脈ルートの確保を練習します。
      十分に練習した後に、実際に患者体験としてルート確保をしてもらいます。

    与薬技術研修2

    • 実施時期 入職後2ヶ月
      講義内容 輸液ポンプ・シリンジポンプの取り扱いについて
      特殊薬剤について
      動脈留置カテーテルの取り扱い
      血液ガス分析装置の操作・血液ガス分析の解釈
      演  習 輸液ポンプ、シリンジポンプや血液ガス分析装置を実際に操作をしてみます。

    与薬技術研修3

    • 実施時期 入職後10ヶ月
      講義内容 麻薬や輸液の取り扱いについて
      特殊薬剤の知識・取り扱い上の注意について
      演  習 輸血実施までの家庭を体験します。
      麻薬取り扱い時の診療録上の注意点について、実際の記録用紙を用いて記載してみます。

    与薬技術研修4

    • 実施時期 入職後1年目位
      講義内容 レベル1~3の復習

    安全に関する院内研修

    当院では安全に関する担当部署(医療安全対策室)、専従の医療安全管理者を配置し、積極的にセイフティマネジメントを 行っています。

    研修内容

    セイフティマネジメントに関する主な研修
    内容
    4月 医療安全対策について 全新入職員 MRM委員会
    看護におけるセイフティマネジメントについて 看護部新入職員  
    静脈注射に関する研修1・2 看護部新入職員 看護
    救命救急処置について 全職員 MRM委員会
    6月 静脈注射に関する研修3 看護部新入職員  
    7月 KYT研修 全職員 MRM委員会
    ACLS研修 看護部職員 看護
    8月 KYT研修 全職員 MRM委員会
    看護部安全王決定戦 看護部職員  
    9月 委託職員への安全研修 委託職員 MRM委員会
    コミュニケーションエラーについて 全職員 MRM委員会
    10月 報告フィードバック研修 看護部新入職員 MRM委員会
    12月 セイフティマネージャー研修+フォローアップ RM+全職員  
    2月 静脈注射に関する研修4 看護部新入職員 看護
    3月 当院における医療安全対策 全職員 MRM委員会
    研修・日常風景
    • 研修風景画像

    • 研修風景画像

    • 研修風景画像



    • 日常風景画像

    • 日常風景画像

    • 日常風景画像



    • 日常風景画像

    • 日常風景画像

    • 日常風景画像



    • 日常風景画像

    • 日常風景画像



    既卒看護師(及び中途採用看護師)支援体制

    看護部では、新卒看護師を除いて、入職する看護師を「既卒看護師」と定義しています。「既卒看護師支援」は、4月に入職した看護師及びそれ以後に入職した、いわゆる中途採用看護師を対象としています。
    既卒看護師一人一人に応じた、具体的支援を組織全体で行い、共に専門職業人として良質な看護を提供する事を目指しています。

    既卒看護師支援体制の目的
    • 入職した既卒看護師の職場適応を支援する
    • 入職した既卒看護師と現職員がともに専門職として成長する
    既卒看護師支援プログラム

    既卒看護師支援プログラム(PDF)を表示

    看護部・看護部教育委員会・看護部各部署が重なり合って既卒看護師支援を行います。

    各部署(セクション)での支援

    各部署チーム全体で既卒看護師を支援する体制をとっています。
    既卒看護師支援が、既卒看護師・現職員相互に学習機会となり、「仲間が増える嬉しさ」「分かる事の楽しさ・面白さ」「気づく事の喜び」を分かち合える支援を目指しています。

    各部署(セクション)での研修

    既卒看護師研修として以下の集合研修をおこなっています。

    • 入職時オリエンテーション
    • 既卒看護師研修1
    • 既卒看護師研修2
    • 既卒看護師研修3

    研修では、当院の診療科である脳神経外科領域の看護実践を紹介しております。
    また、既卒看護師同士のネットワークをつくる取り組みも始めました。職場を離れてリラックスした中で情報交換を行っています。

    研修風景
    研修風景


    看護部

    既卒看護師の職場適応がスムーズにおこなわれるように既卒看護師と、既卒看護師を直接 支援・指導する看護職員のエンパワメントを継続的におこないます。 既卒看護師支援担当者(副看護部長)が、個別に職場適応及び専門職としてのキャリア開発支援を行います。現場を離れた所から職場適応とキャリアアップを支援します。

事業所一覧

医療機関

  • 稚内禎心会病院
  • セントラルCIクリニック
  • 札幌駅北口クリニック
  • 禎心会東在宅クリニック

介護老人保養施設

  • ら・ぱーす
  • ら_ぷらーさ

サービス付高齢者住宅

  • ら・かるま

在宅事業

  • 禎心会東センター
  • 禎心会北センター
  • ら・ぱーすセンター
  • ら・かるまセンター
  • ら・ぷらーさセンター

Copyright (c) 2007-2013 TEISHINKAI.All Righits Reserved.

>>>>