文字サイズ:

TEL:011-712-1131アクセス

MENU

各部門のご紹介

栄養科

業務内容と特色

入院患者さんへの食事提供

患者さん一人ひとりの年齢・病態・手術前後等に合わせて食事を提供しています。また治療食だけではなく、化学療法による食欲低下や嚥下障害などで食事がとれない方には状態に適した食事を提供し、早期回復・早期退院へ繋げることを目指しています。


□季節感のある食事
お正月、クリスマス、敬老の日など、祭日や季節に合わせた行事食を提供しています。

□個別対応
脳卒中の患者さんは後遺症で嚥下に障害が出る人が少なくありません。そのような患者さんには言語療法士と連携をとり、さまざまな嚥下訓練食や食事形態で対応しています。
特別な治療のための食事や化学療法などにより食事が摂りにくい患者さんには、管理栄養士がベットサイドへ伺い嗜好などをお聞きしながら、献立を一緒に考え食べやすい食事を提供しています。

栄養指導

□個別栄養指導(予約制)
入院および外来の患者さんとそのご家族を対象に、食事や栄養に関する不安や疑問などの相談に応じています。糖尿病・高血圧・腎臓病など特別治療食を必要とする患者への栄養指導や、食欲不振・嚥下困難な患者さんには適切な食材や調理方法などの指導も行っています。個々の食習慣などに配慮し無理なく継続できるようにお話しさせていただきます。
栄養指導を希望する方は、担当の医師・看護師にお気軽にご相談ください。


実施時間平日 9:00~12:00・13:30~16:30

栄養管理

日々、管理栄養士が病棟を訪問し、患者さんの栄養状態や食事の摂取状況の把握等に努め、栄養状態の評価を行っています。また各診療科の回診・カンファレンスに参加し、患者さんの最適な栄養管理を行っています。

□NST(Nutritional Support Team)活動
当院では、医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、言語療法士、検査技師等が職種の壁を越えてチームを組みNST活動を行っています。週に1回、各病棟スタッフとカンファレンスや回診を行い、患者さんの栄養状態を適切に判断し、より質の高い栄養管理を検討・実施しています。

事業所一覧

医療機関

  • 稚内禎心会病院
  • セントラルCIクリニック
  • 札幌駅北口クリニック
  • 禎心会東在宅クリニック

介護老人保養施設

  • ら・ぱーす
  • ら_ぷらーさ

サービス付高齢者住宅

  • ら・かるま

在宅事業

  • 禎心会東センター
  • 禎心会北センター
  • ら・ぱーすセンター
  • ら・かるまセンター
  • ら・ぷらーさセンター

Copyright (c) 2007-2013 TEISHINKAI.All Righits Reserved.

>>>>