文字サイズ:

TEL:011-712-1131アクセス

MENU

陽子線治療とは

陽子線治療とは

陽子線治療は外科手術や従来の放射線治療では治すことが難しかった種類のがんに対しても、優れた治療成績を示すことが明らかになりつつあります。正常細胞へのダメージが少ない利点もあり、世界的に注目を集めている治療法です。
陽子線治療は放射線治療の一種です。放射線治療では長年X線やガンマ線を使用していました。陽子線治療は陽子という水素の原子核を用いる新しい放射線治療で、粒子線治療の一種類になります。
粒子線治療はその名の通り、原子核レベルの非常に小さな粒子を用います。特殊な装置で陽子をたくさん作り、加速してエネルギーを高めると、がん細胞を破壊する陽子線ビームを作ることができます。この陽子線をがん病巣にぶつけ、細胞の設計図であるDNAを破壊、結果として細胞は増殖できなくなり、がん細胞を死滅させるのが陽子線治療の仕組みです。

陽子線治療の特長

従来のX線を用いた放射線治療は体の表面近くで一番強いエネルギーを放ち、体内へ入るに従ってエネルギーは減少し、病巣を越えて体を突き抜けます。病巣以外の正常な部分へも放射線が当たることにより、結果として副作用が生じていました。
これに対し、陽子線はあらかじめ設定した深さに達したときに最大(ブラッグピーク)のエネルギーを放出して停止する性質を持っています。この性質を利用し、病巣のある深さに合わせて照射する設定をすれば、腫瘍に対してピンポイントに治療することができます。その結果、通常の放射線治療に比べて正常細胞へのダメージが少なく、副作用を少なくすることが可能です。

ブラッグピーク

X線と陽子線の線量分布比較

陽子線治療のメリット

  • 正常細胞へのダメージを最小限に抑え、身体への負担を軽減
  • 放射線の影響を受けやすい器官の周辺にあるがんにも照射可能
  • 従来の放射線治療では生き残ってしまうがんも死滅可能
  • 外来(通院)での治療が可能
  • 身体への負担が少なく高齢者や体力が低下した方も治療可能
  • 治療後、社会復帰や日常生活への支障が少なく、QOL(生活の質)を保つことが可能
事業所一覧

医療機関

  • 稚内禎心会病院
  • セントラルCIクリニック
  • 札幌駅北口クリニック
  • 禎心会東在宅クリニック

介護老人保養施設

  • ら・ぱーす
  • ら_ぷらーさ

サービス付高齢者住宅

  • ら・かるま

在宅事業

  • 禎心会東センター
  • 禎心会北センター
  • ら・ぱーすセンター
  • ら・かるまセンター
  • ら・ぷらーさセンター

Copyright (c) 2007-2013 TEISHINKAI.All Righits Reserved.