法人ホームへのボタン画像
文字サイズ:

札幌禎心会病院のロゴ画像

TEL:011-712-1131アクセス

MENU

変形性関節症に対する再生医療「PRP療法」を開始しました
(整形外科)

PRP(多血小板血漿)とは

血液の中にはきずを治す働きがある「血小板」という成分があります。この血小板を高濃度に凝縮し活性化させたのがPRP(多血小板血漿)です。PRPにはたくさんの成長因子が含まれていて、細胞の成長を促進する力があり、人が本来持っている治癒能力や組織修復能力・再生能力を最大限引き出すことが期待できます。

PRP療法とは

PRP療法は再生医療です。再生医療とは、「細胞」を使った新たな医療です。PRP療法は患者さん自身の血液から作ったPRPを患部に注射する治療法です。

当院では安全性が認められた専用遠心分離機と血液成分分離・抽出キット(GPSⅢシステム、またはAPSキット)を使ってPRPを作製し、患者さん自身の患部に投与しています。PRPに含まれるさまざまな成長因子が機能を発揮し、損傷した組織を再生、修復することで鋭い痛みを改善します。繰り返しPRPを投与することで、長期にわたって痛みをコントロールすることが期待できます。
キットによって治療効果が異なり、海外の臨床試験ではGPSⅢシステムで最大6~12か月、APSキットでは最大24か月持続したとの報告があります。加えて、APSキットは濃縮により抗炎症性物質や成長因子などの成分濃度が上昇するため、軟骨破壊が進んだ関節内のバランスを整え、より炎症を抑える働きが期待できます。

ご自身の血液を使用するため副作用が少なく、実際の治療も採血は一般的な方法、PRPの投与も一般的な局所注射で行うので患者さんの負担が少ない治療法です。

変形性関節症に対するPRP療法

当院は変形性関節症に対するPRP療法を行っています。
対象者は標準治療(保険治療)で改善せず、再建手術や修復手術による組織修復を希望しない方で、以下の基準を満たした方です。
●人工関節置換術及び骨切り術を希望しない
●通院が可能
●インフォームド・コンセントを受けている
●PRP療法について十分な理解が得られている

PRP療法を受けられない方は以下の通りです。

●投与周辺部に明らかに感染症がある
●薬剤過敏症の既往歴がある
●未成年
●その他、医師が不適当と判断した場合

治療の流れ(すべて当日に終わります)

実際の治療の流れは以下の通りです。

①採血

まずPRPを作成するための血液を患者さんから採取します。
採取するのは静脈血(26~60ml)です。

②PRP抽出

採取した血液を専用遠心分離機にかけてPRPを抽出します。

③施術

抽出したPRPを患部に注入します。

④終了

異常がないことを確認後、終了します。

治療回数

PRPの投与は治療当日の1回のみです。ただし、医師の判断と患者さんの希望により、延長、追加する場合があります。

治療効果とメリット

●損傷した組織の修復や痛みの改善が期待できる
●自身の血液を使用するため、肝炎などの感染やアレルギー反応などの副作用がない
●日帰りでの治療が可能
●治療の跡が残りにくく何度でも治療を受けられる

治療の欠点と副作用

●自身の血液を使用するため、治療効果、効果の持続期間に個人差がある
●PRP注入の局所注射の際、痛みを伴うことがある
●採血・治療部位に皮下出血が起こる場合がある

費用

PRP療法は2019年現在、公的保険が適用されていない自由診療の治療です。1回の施術料は以下の通りで、使用するキットによって異なります。
GPSⅢシステム(高白血球多血小板血漿分離・抽出キット):150,000円(税別)
APSキット(自己タンパク質溶液分離・抽出キット):350,000円(税別)

※PRP療法をご希望の方は必ず事前にお電話でお問い合わせください。
※PRP療法は整形外科を受診していただき、専門医が施術の可否を判断させていただきます。

事業所一覧事業所一覧タイトル画像

医療機関医療機関タイトル画像

  • 稚内禎心会病院
  • セントラルCIクリニック
  • 禎心会さっぽろ北口クリニック
  • 禎心会北45条在宅クリニック

介護老人保養施設介護老人保健施設タイトル画像

  • ら・ぱーす
  • ら_ぷらーさ

サービス付高齢者住宅サービス付高齢者住宅タイトル
      画像

  • ら・かるま

在宅事業住宅事業タイトル画像

  • 禎心会東センター
  • 禎心会北センター
  • ら・ぱーすセンター
  • ら・かるまセンター
  • ら・ぷらーさセンター

© TEISHINKAI.All Righits Reserved.