法人ホームへのボタン画像
文字サイズ:

札幌禎心会病院のロゴ画像

TEL:011-712-1131アクセス

MENU

がん化学療法センター

  • がん化学療法センター
  • ハイパーサーミア
  • CART

がん化学療法センターはがん治療による副作用の苦痛を減らし、治療効果を高める工夫を取り入れた抗がん剤治療を行っています。

ステージ4のがんであっても、劇的に小さくなることもあり、その可能性を高くすることはできます。

そのために、標準的な治療に加え、ハイパーサーミア(温熱療法)、高圧酸素療法、漢方を取り入れています。

例えば、ハイパーサーミアを加えることにより、抗がん剤の効果を増強し、副作用を軽減することが期待できます。高圧酸素療法や漢方に関しても、同様のことが期待できます。

これら3つ治療法を加えることにより、最大の治療効果が得られるようにしています。

標準的な治療により発生する副作用もかなり軽減できます。

これが当センターの最大の特長ともいえます。

ハイパーサーミアの写真


ハイパーサーミアや高圧酸素療法は抗がん剤投与の直前、もしくは直後に行うと、より効果的とされています。

しかし、抗がん剤治療を行う日にハイパーサーミアや高圧酸素療法を行う病院は日本では数か所しかありません。

当院は同時に行うことができる、数少ない施設の一つです。

一方、ステージ4や再発のがんであっても、放射線治療を加えた方が良いケースは多いです。そのような局面において、当院は迅速に放射線治療を行える体制を整えています。

治療効果を落とさず、薬の副作用を軽減する抗がん剤のさじ加減を心がけることも、とても重要です。

ガイドラインには抗がん剤の投与量の目安は記載されていますが、実際に抗がん剤を投与してみると、副作用の出方は患者さんによって大きく異なります。

そのため、きめ細やかな抗がん剤の調節が必要となります。

よくあるご質問(Q&A)

どのようながんを治療していますか?

胃がん、すい臓がん、食道がん、大腸がん、胆嚢がんに代表される消化器がんを治療しています。

今後は卵巣がんや肺がんなどへ拡大していくことも計画しています。

血液がん(白血病やリンパ腫)、腎臓がん、透析患者さんには対応していません。


保険診療による治療ですか?

保険診療です。ハイパーサーミアや高圧酸素療法を抗がん剤や放射線治療と併用して行うことは認可されています。

漢方に関しても保険診療となるものを中心に使用しています。ただし、必要に応じ、保険診療外の漢方を提案させていただくことがあります。


ハイパーサーミアや高圧酸素療法だけの治療は受けられますか?

申し訳ありませんが、当院ではハイパーサーミアや高圧酸素療法だけの治療は行っていません。

最大限の治療効果を出すため、どのような抗がん剤をどれだけの量用いるかということもとても重要になるからです。

当院では、最大限の治療効果を引き出すために、適切な抗がん剤治療をしつつ、必要に応じて、ハイパーサーミアや高圧酸素療法を併用しています。

従って、温熱療法だけではなく、抗がん剤治療も合わせて、判断を任せていただければと考えています。

ハイパーサーミアの詳細はこちら


標準治療をすべてやりきってしまった場合でも治療は受けられますか?

これまでの治療内容と全身状態を診察させていただいた上で判断いたします。

例えば、散歩をするくらいの力があって、食事もしっかり食べられるのであれば、治療ができる見込みは高いです。


担当医は替わりませんか?

チームで治療方針を決定し、チーム制で治療を行っています。治療方針の説明は原則、担当医が行うようにしていきます。


治療までの流れを教えてください

ハイパーサーミアを実施している当院の「がん化学療法センター」を利用する前には原則、セカンドオピニオン外来を受診していただきます。

主治医にセカンドオピニオンを受けたい意思を伝え、了解を得てください。その上で、紹介状(診療情報提供書)、レントゲンやCT、MRIのデータ(CD-R)、検査データなどの資料を準備してもらってください。

以下の場合、ご相談を受けかねます。

●主治医の了解がない(かかりつけ医の情報提供書をお持ちでない)
●予約がない
●過去の診療に対する相談
●医療費の内容や医療給付に関する相談
●死亡した方に関する相談
●主治医に対する不満や医療事故、訴訟の相談

※セカンドオピニオン外来は保険適用ではありません。全額自費で30分まで1万1,000円(税込み)です。相談時間に延長はなく、相談時間は30分までです。

セカンドオピニオンを受けた後はかかりつけ医に報告した上で、その後の治療法について再度相談してください。当院で治療を受けることになった場合は、改めて紹介状を書いていただく流れになります。

セカンドオピニオンは診断内容や治療法に関して意見や判断を提供しますが、その際に新たな検査をしたり、治療や処方をしたりすることはできません。

セカンドオピニオンの担当は加藤隆佑医師です。


お問い合わせ

011-712-0920011-712-1145

月曜日~金曜日 9:00~17:00
※土日、祝日および12月29日~1月3日は除く。
 時間外のお申込みにつきましては、翌日(休日の場合は休日明け)の受付となりますのでご了承下さい。

 

CART(腹水ろ過濃縮再静注法)

がん性腹膜炎に伴う腹水は、強い腹部膨満感や呼吸苦、食欲不振を生み出します。その結果、QOL(生活の質)を大きく落とします。

対処法の1つがCART(腹水ろ過濃縮再静注法)療法です。CART療法により腹水を減らすことができ、体調を良くすることができます。


治療方法

治療方法

メリット

この治療によって、お腹の張りがとれます。腹水の中の栄養成分を体内に戻すため、採血検査をすると、栄養状態を表すアルブミンという数値が改善しています。

以下のようなデータがあります。

●採血検査における総蛋白の数値は約0.8アップ
●採血検査におけるアルブミンの数値は約0.5アップ
●尿量は約300ccアップ


問題点

問題点はすべての医療機関にCART療法が普及していないことです。そのため、腹水でお腹が張って辛くても、我慢を強いられることがあります。

腹水を抜いてもらったとしても、栄養分まで抜かれてしまい、低栄養を助長してしまうことになります。

一方、CARTは保険で治療が可能です。1回当たり11万4,000円(3割負担で約3〜4万円)で2週に1度の頻度で施行可能です。

腹水を全部抜いて治療するので、安全のために2泊3日の入院が必要となります。入院費用は検査料、入院料等を合わせて3割負担で通常約7~8万円です。



お問い合わせはこちら

ハイパーサーミア(温熱療法)

当院は最新のハイパーサーミア(温熱療法)の機械を導入しています。

ハイパーサーミアの写真


抗がん剤治療や放射線治療にハイパーサーミアを併用することで、よりがんを制御することや小さくすることが期待できます。

がん細胞は正常細胞に比べて温まりやすい上、熱に弱いため、熱を加えると、正常細胞に比べて1度から2度ほど高くなり、がん細胞だけが死滅して正常細胞は生き残ります。このほか、ハイパーサーミアの特長は以下の通りです。


●脳と眼以外の場所に施術が可能
●体の負担が少なく、外来での治療が可能
●抗がん剤や放射線治療との併用が可能
●保険適用
●免疫機能が高められ、食欲増進や体力回復、疼痛緩和に貢献


ハイパーサーミアの写真
ハイパーサーミアの写真

副作用

温熱療法を受けて逆効果になること、例えば、がんが増えてしまうといったことはありません。

施術中は長時間、結構、暑い中にじっとしていなければならないため、暑いサウナの中でじっとしているような感じです。そのため、多少、体力は消耗します。

以下、その他の副作用ですが、発生頻度は低いです。

●熱傷(火傷)
まれに、治療部位の皮膚に熱傷(火傷)ができたり、皮下脂肪が硬くなったりすることがあります。

●熱中症
患部だけでなく体全体の温度が上がることで大量の汗をかき、熱中症を誘発することがあります。

●倦怠感
温度を上げる治療のため、微熱の後の気だるさや筋肉のこわばりが出ることがあります。


当院の特長

当院はハイパーサーミアだけの治療を行なっていません。

最大限の治療効果を出すために、どのような抗がん剤をどれだけの量用いるかということが大事になるからです。

当院では最大限の治療効果を引き出すため、適切な抗がん剤治療をしつつ、必要に応じてハイパーサーミアや高圧酸素療法を併用した治療を行っています。

従って、温熱療法だけではなく抗がん剤治療も合わせて判断を任せていただければと考えています。


費用

1回の治療(加温時間)は45分間です。一連の治療の目安は8~10回が多く、週に1回前後実施しますので治療期間は約3か月程度になります。効果がある患者さんにはさらに追加して行う場合があります。

費用は一連の治療(8~10回)で計9万円、自己負担が3割なら2万7,000円です。


治療の流れ

ハイパーサーミアを実施している当院の「がん化学療法センター」を利用する前には原則、セカンドオピニオン外来を受診していただきます。

主治医にセカンドオピニオンを受けたい意思を伝え、了解を得てください。その上で、紹介状(診療情報提供書)、レントゲンやCT、MRIのデータ(CD-R)、検査データなどの資料を準備してもらってください。

以下の場合、ご相談を受けかねます。

●主治医の了解がない(かかりつけ医の情報提供書をお持ちでない)
●予約がない
●過去の診療に対する相談
●医療費の内容や医療給付に関する相談
●死亡した方さんに関する相談
●主治医に対する不満や医療事故、訴訟の相談

※セカンドオピニオン外来は保険適用ではありません。全額自費で30分まで1万1,000円(税込み)です。相談時間に延長はなく、相談時間は30分までです。

セカンドオピニオンを受けた後はかかりつけ医に報告した上で、その後の治療法について再度相談してください。当院で治療を受けることになった場合は、改めて紹介状を書いていただく流れになります。

セカンドオピニオンは診断内容や治療法に関して意見や判断を提供しますが、その際に新たな検査をしたり、治療や処方をしたりすることはできません。

セカンドオピニオンの担当は加藤隆佑医師です。


受付・時間

主治医に診療情報提供書を作成していただいた上で、かかりつけの医療機関から当院の地域医療支援センターへご連絡をしていただき予約をしてください。

011-712-0920011-712-1145

月曜日~金曜日 9:00~17:00
※土日、祝日および12月29日~1月3日は除く。
 時間外のお申込みにつきましては、翌日(休日の場合は休日明け)の受付となりますのでご了承下さい。


当日持参していただくもの

かかりつけ医からの紹介状(情報提供書)
本人確認できるもの(保険証)
レントゲンやCT、MRIのデータ(CD‐R)検査データなどの資料
ご本人が来られない場合のみ同意書※事前にお伝えいただければ書類をFAXか郵送します。
患者さんが未成年の場合は続柄を確認できる書類


受付・時間

主治医に診療情報提供書を作成していただいた上で、かかりつけの医療機関から当院の地域医療支援センターへご連絡をしていただき予約をしてください。

011-712-0920011-712-1145

月曜日~金曜日 9:00~17:00
※土日、祝日および12月29日~1月3日は除く。
 時間外のお申込みにつきましては、翌日(休日の場合は休日明け)の受付となりますのでご了承下さい。

 
事業所一覧事業所一覧タイトル画像

医療機関医療機関タイトル画像

  • 稚内禎心会病院
  • セントラルCIクリニック
  • 札幌駅北口クリニック
  • 禎心会東在宅クリニック

介護老人保養施設介護老人保健施設タイトル画像

  • ら・ぱーす
  • ら_ぷらーさ

サービス付高齢者住宅サービス付高齢者住宅タイトル
      画像

  • ら・かるま

在宅事業住宅事業タイトル画像

  • 禎心会東センター
  • 禎心会北センター
  • ら・ぱーすセンター
  • ら・かるまセンター
  • ら・ぷらーさセンター

© TEISHINKAI.All Righits Reserved.